2015年07月

父親的墳頭埋在我的心上,我一直沉重的喘不過氣來。我幾乎屬於不孝之子,感覺對父親犯的是彌天大罪,罪不容誅,總是處在罪惡感嬰兒濕疹的懺悔之中,所以沉重。每看到有年邁的人拉著改裝的人力車,讓更年邁的父母坐在上邊,周遊全國,就更讓我覺得我愧對父母,倍加難受。但無論如何,我的父親埋入黃土已有37年,我的母親埋入黃土也有27年了,縱然我有用孝贖罪的心,父母和蒼天都不給我機會了。我向父母負荊請罪。

父親活著,我們這些吃飯的坐在車上,他拉著生存的車,吃力的爬坡。可以想見那彎腰弓背,汗流浹背,身體前傾,兩腳後蹬的辛苦架勢。

父親如果繼續活著,我們一定要讓他坐在車上,我們拉著車,讓他看世界的風光,讓他微笑,讓他輕松。但這只是個假象的命題了。

父親是我們家的天。我們是寄養在父親身上的寄生蟲。父親勤勞的像蜜蜂,早出晚歸釀蜜,我們像臭蟲爬出來喝父親的血。我們喝幹了父親的血,他走了,我們膘肥體壯地活著。早在1960年,我的父親的工資就45元錢,直到他離開我們,這45元一直是我們活著的主要生活來源。

父親是我們家嬰兒濕疹的“宗教領袖”。我們是父親的虔誠信徒。父親說話的聲調很高,分貝極大,他的聲音一出,地動山搖,帶著極大的“煞氣”,我們從骨子裏感覺父親像天神般威嚴。我們服從父親,就像士兵服從將軍,無條件的。父親的話猶如聖旨。

父親是我們勤勞做人的榜樣。他除去睡覺,其餘時間一刻也不閑下來。春天來了,他利用早晚的工餘時間,把房前屋後的土地整理出來,種上各種蔬菜。夏秋兩季,我們的新鮮蔬菜吃不完,提著蔬菜去送人,成了一項工作。秋天來了,秋雨綿綿,戶外的工作幹不成,他就砸芨芨草,搓草繩。只要空閑,他要麼像繡花一樣收拾爐灶,要麼像環衛工一樣清潔環境,片刻不能得閑。

父親也是助人為樂的典範。別人有求他必幫。別人無求他也幫。1963年,父親早年的朋友來借錢,清楚記得,家中僅有的300多元傾囊借給朋友。當然後來是有借無還。60年代到70年代,是吃糧食緊張的時期。不論我家吃糧是否寬裕,他總把面粉接濟給更需要的人。為此,我們對父親產生埋怨。我父親並非嬰兒濕疹有額外“油水”來源的人。他生前僅是建設兵團的一名老軍墾。自己紮住喉嚨,還要慷慨施人,這就是父親的品格。稱得上一個慈善家。

亂了一生的憂愁,空在心中留下淡淡的雲彩,繁華悲涼,沉侵在字裏行間,人來人往,卻不知下一季春暖花開,殘荷憔悴,看回elyze好唔好憶成傷,寒風似水,紙頁折斷了悲傷,朦朧中,一陣風吹過街角的樹枝,只看見落葉飄滿地的淒涼,唯美吟唱,陣陣寒冷,風逝韶華,懷念過往,將亙古不變的癡情微染紅塵,繾綣那段往昔,習慣了幾番深情惆悵,問天涯,把心裝上翅膀,等待著溫暖歸航。

初冬,溢滿在這個冰凍的季節,相思的扉頁寫滿這個傾城的淺傷,風侵染著歲月,早已遠過了青春的年華,時常在歡喜中默默的憂傷,心有萬語千言,卻始終無語哽咽,跨越生命清淡簡約的日子,許多的故事只是擦肩而過,些許的悲涼,些許的落寞,習慣了閑暇的時候,把心潛伏在文字裏,寫下憂傷和思念,寫下不舍和感動,戀上了文字,戀上了孤獨。

流年還在昨日裏守望,風雨途路,風吹影動,踩著歲月的錯亂,紅塵多劫,我的歸人,你可知道我的望斷?你可知道我的不堪?經年此去,最初的邂逅,時光打馬而過,歲月幾多滄桑,紅塵的街口,可知道我的牽腸掛肚?垂首低眉,冷夜,畫一圈孤獨印墨痛楚,姿舞季節的變幻,傾盡一生柔情,靜看許elyze好唔好多個葉落草燥的日子,回首前夕,一路風雨飄搖,合著輕聲,都曾有我最深的眷念。

風清,冷夜,點墨昔日記憶,沉侵自己的故事,風裏依稀尋尋覓覓,朦朧的雙眼,淒冷的詞韻,淡染著心碎的輪回,收集點點感動,詠繞著一場美麗的傷,冷與暖,一念起,心微疼,我只是一個安靜的女子,喜歡把心放在文字裏,唐詩宋詞,淡看風月,感悟著一花一世界,一葉一菩提,穿越三千繁華,體會人間清歡,紅塵,千年的輪回只為心碎的等待,風起時,繾綣萬千,遺落時,也不悔今世人間走一回,無非離別,期盼在夢裏,永恒之約,銘刻在幸福裏。

花前月下,只有淒風冷雨,夜深沉,伴著你的情懷入眠,天盡頭,,迷亂的心無處安放,一個人孤獨聆聽夜寂的聲音,十指冰涼,蜷縮著環抱住自己,卷紙沾染了我眷念的筆尖,深深淺淺,凝成永久的傷感,塵封的舊事再次飛揚,相思撫過凝眸的溫柔,那深念的便是如此深刻,執一枚素筆,一朝回眸,將最真的心收藏在最深的思念裏,思念的天空,隔著一elyze好唔好個夢飛的距離,癡醉駐足,單薄的淺吟淺唱,用疼抵擋孤獨。

たそうな様子を見せていた。大地はそのことに気づいていたが、あえて無視して言葉を繋ぐ。
「それに、今晩はお楽しみもあるしね」
「お楽技術轉移しみって?」
「それはまだ秘密」
 美咲は口をとがらせた。
「じゃあ、船内を探検して、それからお昼寝じゃダメ?」
 おねだりするようにそう言うと、漆黒の瞳をまっすぐに向けて、ちょこんと首を傾げて見せる。こんな顔をされては降伏せざるをえない。敵わないな、と大地は胸の内で密かに苦笑した。
「わかったよ」
「お兄ちゃん、ありがとう!」
 美咲はパッと顔を輝かせると、ベッドに寝そべる大地に飛び込んで抱きついた。幸せな重みを感じながら、大地は彼女と目を見合わせ、絹糸のようななめらかな黒髪を指に絡めて慈しむ。
 外では大きく汽笛が鳴り、ゆっくりと船が動き出した。

 結局、船内探検に時間を費やしすぎて、昼寝の時間はほとんど取れなかった。
 大地は部屋に戻ってから一時間ほど眠ったが、美咲は興奮のためか一睡もできなかったらしい。それでもまだ元気いっぱいで、おなかが空いたから何か食べに行こう、と起き抜けの大地に容赦なくせがむ。
 これだけはしゃいでいたら、島に着く頃には疲れ切っているかな――。
 足どり軽く船内レストランへ向かう美咲の後ろ姿を見ながら、大地は苦笑しつつも優しく目を細めた。

「んー……眠くなってきた……」
 予想どおりだった。
 遅めの夕食を終えてから部屋に戻ると、美咲はとさせ、吸い寄せられるようにベッドに倒れ込もうとする。しかし、大地は背後から抱き止めて、シーツに触れる寸前でそれを阻んだ。
「まだ寝ちゃダメだよ」
「どうして?」
「お楽しみがあるって言ったの忘れた?」
 眠くて不機嫌になっている美咲は、口をとがらせて非難するように大地を睨んだ。今の彼女にとって、眠らせてくれない相手は誰であろうと敵である。しかし、大地はそんなことなどお構いなしに、「おいで」と言って彼女の手を通渠引くと、半ば無理やり部屋の外へと連れ出した。

「どうです? なかなかのものでしょう、溝端さん」
「これは……妻と息子にも見せてやりたいですな」
 扉を開けて外に出たところで、男性二人が夜空を仰ぎ見ながら会話して

しいと思うけど、家にelyze效果帰れないほどではないはずだよ。仕事も上手い具合に人に押しつけてるし。あまり家に帰ってこないのは、少しでも美咲と一緒にいたいからだろうね」
「……えっ?」
 話の意味が今ひとつ掴めず、澪は振り向いて聞き返した。
「仕事のあと研究所に行ってることが多いんだよ。知らなかった?」
「うん……」
 仕事が忙しいと聞かされていたためか、不在のときはすべて仕事だと思い込んでいた。いや、実際に昔はそう言っていたはずだ。今ではもう尋ねることさえなくなったが、小さな子供のころは、両親が帰らない理由をよく訊いていた。そして、答えはいつも「仕事」elyze效果だったのだ。
 悠人はズボンのポケットに片手を入れて、うつむいた。
「美咲は研究に明け暮れているからわかるが、大地があれしつけるのは、多分、面倒なことをしたくないからだろうね。興味のあること以外はやりたがらない子供みたいな奴だから……」
 そう言って小さく息をつくと、顔を上げ、遠い眼差しを空に向ける。
「大地は、昔から自分勝手で気ままで自由だった」
 淡々とした口調。しかし、そこには深淵な感情が潜んでいるように感じられた。
「美咲のことも……いくら気に入ったからといって、まだ小学生の女の子を、いずれ結婚するつもりで引き取るなんて、僕には狂っているとしか思えなかった」
 怪盗ファントムとして絵画を取り返した大地は、一目見て、本来の持ち主である美咲に心を奪われた。そして、彼女に身寄りがいないことを知ると、剛三に頼んで養子として橘家に迎える——それが倫理的に褒められるものではないことは、澪も理解している。
「でも、剛三さelyze效果んもどういうわけか乗り気でね。僕の反対意見は聞き入れてもらえなかったよ。幸か不幸か、小笠原の事故に遭って、大

しながら事も無げに言う。しかし、ラグランジェ本家の当主がたかが一所員の実家を尋ねるなど、普通に考えたらありえないことだ。ジョシュとしては、ありがたいというより困惑の気持ちの方が大きい。
「仕事はどうするんですか」
「これから定例会議だからちょう公開大學 學位ど良かったよ。たいして意味のない会議だからね」
「いや、なに言ってるんですか! ちゃんと仕事してください!!」
 いい加減なことを言い出したサイファに、ジョシュは思わずカッとして声を荒げる。根っからの真面目人間であるジョシュには、とても許容できることではない。なにより自分の勤める魔導省の副長官なのだ。きちんと仕事してほしいと思うのは当然だろう。ちなみに、ジョシュは届けを出して早退してきたので、言い返されるような隙はない。
 しかし、サイファは涼しい顔で背を向けると、カーテンに手を掛けて一気に開いた。
 赤く色づいた光が射し込む。
 先ほどとは比べものにならないくらい間近で広がった、その高所の景色に、ジョシュは目を逸らすのも忘れて完全に凍りついた。もうサイファに意見するい。頭の中がグラグラまわっているようで何も考えられなかった。
「さあ、行こうか」
 サイファはそう言ってにっこり微笑むと、倒れそうになるジョシュの肩に力強く手をまわした。

 それから20分ほど車を走らせ、ジョシュの実家の前についた。
 車は魔導省が持っているものらしく、車を運転しているのも職員らしい。完全に公私混同である。しかし、ジョシュが何を言っても彼はニコニコしたまま取り合わない。たまにはいいだろうと受け流すだけである。結局、文句を言いながらも一緒に来てしまったのであるが――。
「そういえば、どうしてウチの実家を知ってるんですか」
「これでもユールベルの親代わりだからね」
 つまり、結婚相手のことは徹底的に調べ

↑このページのトップヘ